ハイビジョン防犯カメラシステム

AHDシステム

1
【AHDとは】

AHDとは、Analog High Definition(アナログ高精細度)の略で、アナログシステムでHD画質の監視が可能になるシステムのことです。
アナログカメラを既にご利用の場合には、既存の同軸ケーブルをそのまま活用できるので、機器の入れ替えだけで済み、従来のアナログシステムとほぼ同様の操作で監視が可能です。
AHDシステムには、カメラとレコーダーがあり、AHDカメラはアナログカメラの約2倍もの高画質での監視が可能で、AHDレコーダーは、AHDカメラの接続はもちろん既存のアナログカメラも接続できるので、無駄なコストをかけることなくリプレイスには最適なシステムです。
※AHDカメラは、AHD対応のレコーダーにのみ接続することが可能です。従来のアナログカメラ用のレコーダーは利用できませんのでご注意ください。AHD対応のレコーダーには、AHDカメラと従来のアナログカメラが接続できます。

無題

【720P 1000TVLの高画質アナログカメラ】

従来のアナログシステムは、アナログカメラで監視し、アナログカメラからのSD画質の映像をDVR録画・再生という流れでした。
AHDシステムは、アナログシステムと同じ配線を活かしながらAHDカメラで監視し、HD画質の映像をAHDレコーダーで録画・再生が可能です。これにより、アナログシステムの配線を活かしながらHD解像度での高画質監視・録画・再生が可能になります。映像の高画質化により、店内での買い物客の顔など細かい部分もより鮮明に映し出すことができます。

2-2

【最大500mの長距離配線が可能】

HD-SDIに近い解像度をもちながら、配線距離はアナログシステム同様の最大500mで、長距離伝送を実現します。

※配線ケーブルの種類によって伝送距離が異なり、映像の劣化などが起こる場合があります。

4

【既存の配線の利用や従来のアナログカメラとの併用が可能】

既存の同軸ケーブルを利用して、カメラとレコーダーの機器を替えるだけで、そのまま配線を利用してアナログシステムからAHDシステムへの移行が行えます。また、AHDレコーダーにはAHDカメラだけでなく既存のアナログカメラの接続も可能で、AHDカメラとのハイブリッドシステムを構築できます。
AHDカメラには、AHD対応のレコーダーを接続することが必要です。従来のアナログカメラ用のレコーダーは利用できませんのでご注意ください。配線工事の費用を削減でき、アナログシステムからのリプレイスに最適なシステムです。

5

【スマートフォン・タブレット対応】

iOS・Android端末でアプリケーションを利用して遠隔管理および監視が可能です。
外出先でも思いついた時にライブ映像を確認できたり、録画映像の再生・PTZカメラの制御ができるので、とても便利な機能です。

6

【固定IP取得不要】

NSD3000AHDシリーズは、ダイナミックDNS(DDNS)に対応しており、専用DDNSサーバを無償で利用できます。
ランニングコストがかかる固定IPアドレスを取得する必要が無く、独自ドメインでのアクセスが可能です。
設定も簡単で、世界中のどこからでもネットワーク経由で映像を確認できます。

7

【見やすいGUI】

NSD3000AHDシリーズは、アナログDVRシリーズNSD3000、NSD5000Hシリーズと類似のGUIデザインにより、アナログDVRシステムをお使いのお客様にもおなじみの、見やすく使いやすい設計です。

8

9

施工例


HD-SDI高画質システム
IPネットワークカメラシステム
家庭用簡易IPカメラシステム取扱い